バンクイックのスペックを比較する

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は銀行カードローンの中でも、敷居が低いカードローンとして人気が有ります。「バンクイック」は他のカードローンと比べてどう違うのかを比較してみました。

 

金利を比較する

金利の高い安いはキャッシングをする上で重要な比較項目になります。ただ、金利が低くなればなるほど審査が厳しくなるので、どの程度の金利なら妥協できるかも併せて判断する必要があります。

 

バンクイック 金利:1.8%~14.6%
プロミス 4.5%~17.80%
レイク 4.5%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
アコム 3.0%~18.0%

 

バンクイックの金利は、1.8%から14.6%となっています。大手消費者金融「プロミス」の金利は4.5%~17.80%となっています。新生銀行の「レイク」は、4.5%~18.0%、「アイフル」4.5%~18.0%、「アコム」の場合は3.0%~18.0%となっています。

金利は初回申込時や限度額が低い場合は上限金利が適用され、融資額が増えるに従って下限金利に近くなっていきます。

比較的審査が緩いと言われる消費者金融と、「バンクイック」を比較してみると、消費者金融の上限金利は17.8~18.0%、「バンクイック」は14.6%なので、最も金利が低いのが「バンクイック」になります。

 

融資限度額を比較する

次に、融資限度額から比較してみます。「バンクイック」「プロミス」「アイフル」「レイク」の限度額は500万円までで、「アコム」に限っては800万円までが限度額になります。

ここで、消費者金融と銀行カードローン「バンクイック」では大きな違いが表れてきます。一つは、消費者金融は総量規制の対象になるので、融資限度額は年収の3分の1以内と制限されます。銀行カードローンは総量規制の対象外になるので、年収による制限はありません。

たとえば、年収300万円の人が消費者金融で借りる場合、100万円までとなりますが、「バンクイック」で借りる場合は、審査に通れば150万円、200万円という融資が受けられます。

また、収入証明書類の提出は、消費者金融の場合、借入希望額が50万円を超える場合や、他社借入がある場合、その借入残高と合わせて100万円を超える場合は、収入証明書類の提出が必要ですが、「バンクイック」は100万円以内の借入希望なら収入証明が不要で借りられます。このことから、「バンクイック」は手軽に申込が出来るカードローンと言えます。

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。